社会環境学部社会環境学科

社会環境学部 オリジナルサイト

企業活動や地域社会にいまや欠かせない視座

「環境問題への取り組みの重要性」は、昨今広く理解・共有されています。そのため環境の視点を、企業経営や経済活動、法や政策、そして私たちの社会生活に落とし込んでいくことは、いまや必然の流れとなっています。実際、ロングセラー商品には、環境に配慮していることで消費者に支持され続けているものが少なくありません。企業の商品・サービス開発や、暮らしやすい地域社会の実現を目指す上でも、環境目線を持って動くことができる人材が必要とされています。

学習領域

学びのキーワード

  • 環境問題
  • 環境経済
  • 環境教育
  • 環境共生
  • 循環型社会
  • 自然災害
  • 異常気象
  • 持続可能な社会
  • 法・政策
  • 企業法務

卒業後の進路

  • 小売業
  • マーケッター
  • NPO
  • 金融機関
  • 経営コンサルタント
  • 地方・国家公務員
  • 住宅・不動産
  • 中学校・高校教員
  • 保険会社
  • 販売士

4年間の流れ

1年次

視野が広がり 何事も意欲的に チャレンジ!
入船 雅樹 さん (福岡県 中間高校 出身)

「JR福工大前駅横駐輪場改修案プロジェクト」を通じて、創意工夫することの面白さやチームワークの大切さを知り、地域と深い関係を築く貴重な経験ができました。自分の可能性が広がったことを実感し、時間を有意義に使いたいと考えるようになりました。まずは日商簿記1級と少林寺拳法初段の取得を目標にし、知識の幅を広げ、人間性を養おうと思います。

少人数の教育で
社会環境学と大学生活の
トビラをひらく。

環境問題に対して地球的な観点から多面的に物事を考え、環境調和型社会の実現に向けた理解を促します。社会環境学科では1年次から4年次まで少人数のゼミ形式の授業を取り入れ、大学生活のスタートを担当教員が細やかにサポートします。

Pick Up 授業

基礎ゼミナール

履修の仕方や大学生の心得など、大学生活を順調にはじめられるよう一人ひとりを担当教員がサポート。少人数のゼミなので、先生や仲間との交流を深めながら、発表の仕方や資料の読み方、レポートの書き方などの基本を学び、大学の授業を受ける準備を行っていきます。これで大学生活も安心!

続きを読む

2年次

ゼミや インターンに参加。 自分から学びに行って 知識を身につけたい。
林 由貴 さん (福岡県 久留米商業高校 出身)

2年次になって、経営や法律関係の勉強が増えました。中でも「企業法」は、日常に重ねやすく、役立つ知識を得られるのでより面白さを感じます。当初は少し苦手意識があった簿記も、周りと刺激しあう中で積極的に勉強するようになりました。資格取得のためだけではなく、経営学や会計論の授業でも、今までに修得した知識を活かすことができています。

さまざまな「環境」に
対する多面的な
アプローチを学ぶ。

基幹科目を中心に幅広く学び、環境問題に対する多角的な視点と専門知識を獲得します。2年次のゼミナールⅠのテーマは20近くあり、討議やフィールドワークなどを通じて専門知識の修得とキャリア形成、さまざまな課題への取り組み方、自主的・継続的に学修するための能力を身につけます。

Pick Up 授業

<経営コース>
経営分析論

法的知識やプレゼン能力が身につく
経営分析の中でも財務状況に着目したさまざまな分析手法を学びます。グループワークや発表などアクティブな授業スタイルにより、就活や社会でも活かせる分析力を身につけます。

Pick Up 授業

<地域コース>
合同ゼミ

地域の環境保全に貢献する人材を育成
環境保全に関連するスキルを総合的に学修。具体的には、地域から国、さらには世界へと広がる環境保全論、環境と深く関わる経済活動などを通して地域社会の役割についても学びます。

続きを読む

3年次

何ができるか ではなく 何をするか。 何にでも挑戦を!
村山 貴光 さん (福岡県 祐誠高校 出身)

ゼミでは経済における市場への波及効果を調べています。人々の需要が複雑に絡み合い、産業の枠を超えて相互に影響し合う様子が見えるので、大変興味深いです。プレゼンテーション力も求められるため、あらゆる事柄を読み取り、分かりやすく表現できるよう、試行錯誤の日々です。将来的には魅力のある社会づくりに貢献できる人になりたいと考えています。

探求テーマを設定し、
卒業研究に必要な
能力を伸ばす。

1、2年次に学んだ内容の展開科目を中心に学び、複合的な視点から環境問題を考察する力を身につけます。 3年次の専門ゼミナールでは、これから2年間をかけて探求するテーマを設定し研究活動に取り組むとともに、環境問題の解決に取り組むために必要となる計画能力やまとめる能力を養います。また、環境・ビジネス関連の資格取得を目指します。

Pick Up 授業

ゼミナールⅡ
(松藤研究室)

経営学とマーケティングの基礎を踏まえ、さまざまな業界や企業の事例を基に学び、知見を深めます。また、多くの学生がリテールマーケティング(販売士)検定の資格取得にも挑戦。学生による主体的な学修方法をとっているので、専門知識の修得だけでなく、協調性やリーダーシップ、問題解決力や、提案力も自然に身につけることができます。

続きを読む

4年次

あらゆる場面で 知識を活かせるのが マーケティングの 面白さ。
上原 智香 さん (福岡県 筑陽学園高校 出身)

図書館や自主学修スペース、女子学生同士の交流の場が多いなど、充実した学生生活を送るための環境が整っていると感じます。ゼミでは経営学やマーケティングをテーマにした研究に取り組んでおり、生活のいろいろなシーンで学んだことが紐づいていく面白さがあります。4年間の大学生活を通して、自分に限界を決めず、多くのことに挑戦できるようになりました。

大学生活の集大成。
幅広いテーマで
卒業研究を行う。

3年次までの研究をさらに発展させ、自らが設定したテーマについて担当教員の指導のもとで卒業研究を行い、論文にまとめます。各研究室では、自然環境や労働環境、地域防災などのさまざまな環境問題に対応する幅広いテーマを設けています。課題解決能力のほか、論文にまとめる論理的構成力や、プレゼンテーション能力も身につけます。

研究テーマ例

  • 田中研究室

    地域社会や家族のしくみを踏まえたまちづくり

    まちづくりを地域固有の文化や、自発的に楽しみながら活動する住民の知恵や経験から考えます。

  • 大石研究室

    消費者が担う持続可能社会における役割を考える

    環境に配慮した消費行動の持続可能社会における役割と、その普及のための環境教育や情報提供を研究しています。

  • 藤井研究室

    国際分業の拡大と環境問題

    世界的な製造拠点となったアジア地域の経済発展と、ますますグローバル化する環境問題について考えます。

  • 坂井宏光研究室

    持続可能な社会を構築するための環境教育の方法論

    里山・ビオトープから見る都市環境保全、自然再生・創生、およびクリーナープロダクション(CP)に基づく環境保全政策と環境教育などの研究を行っています。

  • 鄭研究室

    エネルギー安定供給と経済・環境評価

    経済・効率・環境と安全面での新エネルギー政策がもたらすマクロ経済、環境への影響を計量分析します。

続きを読む

研究の現場から

研究成果を出し続ける企業のヒミツとは?

尹研究室

研究開発人材の行動に関する研究

研究を行う企業が、成果を発揮し、競争力を維持するには?短期間で成果を求めると長期的な研究はできない。研究者の意欲低下も考えられる。研究者の能力を最大限に発揮させることで、組織のパフォーマンスは向上する。企業と個人、互いのチカラを相乗的に伸ばす方法はないか…未来への模索は続く。

李研究室

各国の監査制度・環境会計について
いかに国際的に統合すべきかという課題を解明中

企業の財務状態をチェックする会計・監査制度や企業の社会的責任(CSR)や環境経営・環境会計について研究をしています。そのため高度な研究に不可欠な、簿記や企業会計についての基礎知識や経済学、経営学を含めた社会科学の学びを重視しています。その結果、企業ニーズの高いスキルを培うことができ、銀行や大手企業、中堅企業で活躍する人材を輩出しています。

森山研究室

環境モニタリングおよび
防災に関する研究

里山における水田と自然の関わりと水循環の理解のため種籾から田植え、水やり、稲刈り、脱穀、精米、餅つきまで行なっています。その他に、熊本市成道寺川でホタル出現個体数観測、天草川内川調査、九州北部豪雨災害調査、ハザードマップやダンボールジオラマ、360VRによる災害アーカイブ製作、樋井川で雨水社会構築など、地域の水環境に関した活動を行います。

資格

環境やビジネス関連の資格取得を、正課・課外の講座を通じて支援。

eco検定やビオトープ管理士など学科での学習と関連性の高い資格取得を積極的に支援しているほか、
簿記・販売士などの社会で役立つビジネス系資格取得も支援しています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(公民) / 中学校教諭一種(社会)
取得を支援している資格 eco検定(環境社会検定試験)® / 環境管理士 /
MOS(Microsoft Office Specialist) / ビオトープ管理士 /
3R・低炭素社会検定 / 日商簿記検定 / リテールマーケティング(販売士)検定

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)
※資格の教職免許については、再課程認定申請中です。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

就職

就職率 99.4%
(2018年3月卒業者実績)

  • 全卒業者………………186
  • 就職希望者………………180
  • 就職者………………179
  • 大学院進学者数…………………1
【就職状況】

就職先一覧 過去3年実績一部抜粋

富士通/九州旅客鉄道(JR九州)/西日本旅客鉄道(JR西日本)/福岡銀行/西日本シティ銀行/伊藤園/日本郵便/九電工/久光製薬/本田技研工業/新日鐵住金/西部電気工業/セブン-イレブン・ジャパン/オンワード樫山/鹿児島銀行/警視庁/福岡中央銀行/岩田屋三越/綜合警備保障 他

内定者メッセージ

ゼミでは環境経済学や人工知能について研究。
ITを通じて、より快適で豊かな社会へ。

増田 朱莉 さん

社会環境学部 社会環境学科 4年 (佐賀県 武雄高校)
内定先:富士通株式会社

夢は、環境経済学や人工知能の知識を活かし、暮らしを豊かで快適に、さらにワクワクするようなシステムを企画・設計すること。そのためにもITの知識や技術を蓄え、さまざまな場所に足を運び、豊かな発想力を身につけたいです。福工大は環境が充実していて、就職活動中も、自分に合ったサポートを受けることができました。

全力で支えてくれる環境があるから
安心して学び、成長することができました。

小林 練 さん

社会環境学部 社会環境学科 4年 (大分県 中津北高校)
内定先:九州旅客鉄道株式会社(JR九州)

今、人間の発達環境について研究中ですが、私自身の視野の広がりや成長は、まさに恵まれた学修環境のおかげだと実感しています。硬式野球部に所属していたので、練習や試合の時間と就職活動の時間を上手く組み立て、効率的に動けるよう常に心がけていました。就職課の方からいただいたアドバイスのおかげで、学びを活かせる会社へ就職することができました。

教員メッセージ

法学、政治学、経済学、経営学や社会学の視点から
企業や地域の環境に関わる諸問題を解決できる人材へ

社会環境学科 学科長 中川 智治 教授

「環境に関わる諸問題」は、地球温暖化や環境破壊などエコロジーに関わる問題だけでなく、人間と環境が共存していくために必要なあらゆる事象が含まれます。本学科では主として社会科学(法学、政治学、経済学、経営学や社会学)の視点に立って環境に関わる諸問題についての理解を深め、“より安全でより健康的でより豊かな”未来の社会を築くための総合的人材の育成を目指しています。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ