キャンパスルール
学内全面禁煙の実施について

2011年4月より福岡工業大学キャンパスは『全面禁煙』となりました

本学では、全学生・教職員・学内外の関係者等の健康増進と生命尊厳の意識を醸成すべく、2011年4月より学園の敷地内すべてが全面禁煙となりました。

喫煙による健康被害の大きさは、喫煙者はもとより、受動喫煙者においても想像以上に深刻であることが、医学の進歩とともに立証されております。
2010年2月「多数の者が利用する公共的な空間については、原則として全面禁煙であるべき」とする旨、厚生労働省より通知がありました。
大学生の年代は、好奇心や先輩・友人との付き合いから喫煙を覚えてしまう人も少なくありません。 そして、健康被害を知りつつも自分の意思ではなかなか止められなくなってしまいます。 ですから、その最初の一本を吸わない・吸わせない環境作りが大切と考えます。
また、本学のキャンパスを、緑豊かな空気の澄み切った空間とし、そこに集う学生一人ひとりが、自身と学友の健康に最大限配慮していけるよう、みんなで声を掛けあって「学内全面禁煙」に努めましょう。

1. 実施内容 2011 年4 月1 日から敷地内及び大学周辺を全面禁煙とする。
2. 実施目的

(1) 敷地内での受動喫煙を防止する。
(2) 学生が喫煙習慣を身につけることを防止する。
(3) すべての学生・教職員の健康の維持増進に貢献する。
(4) 命を大切にする学生を育て社会に貢献する。

2011年4月1日
学校法人福岡工業大学

資料請求

就職に強い福工大