国際交流-留学生向け
到着後のチェックリスト

住所の区役所(市民課)で

住居地の届け出

新しく日本へ入国した方は、入国後、住居地を定めた日から14日以内に、住居地の市区町村窓口にて、各市区町村が定めた様式を用いて住居地の届け出を行う必要があります。

必要書類 備考
住民異動届・住民異動届継紙 区・市役所(市民課)にあります
在留カード 及び在留カードコピー
パスポート(原本)
入国時に在留カードが発行されず、パスポートに「在留カード後日交付」と記載された方は、パスポートを必ず持参してください

住所の区役所(保険年金課)で

国民健康保険の加入

在留資格を3月以上の期間を有する者はすべて、国民健康保険に加入することになっています。この保険に加入するには保険料が必要ですが、加入することにより、治療費は30%負担で済みます。さらに、国民健康保険には、同月内、同一病院における本人負担が一定の金額を超える場合は、その超えた額が請求により払い戻される「高額療養費の制度」もあるので、大きな病気や入院した場合に有利です。

必要書類 備考
国民健康保険被保険者異動届
国民健康保険所得報告書
区・市役所(保険年金課)にあります
パスポート(原本) 窓口提示

大学で

新入留学生オリエンテーション

4月初旬に開催しています。学内外での生活や授業料に関する重要な事項について説明を行いますので、必ず参加してください。

新入留学生調書の提出

新入留学生(授業料減免対象外の方)は、入学後に在籍管理に関わる必要書類を、指定日までに学生課へ提出しなければなりません。4月の留学生オリエンテーションの時に用紙を配布しますので、必ずご出席ください。

授業料減免申請書の提出

授業料減免対象の方は、入学後に授業料減免申請書及び在籍管理に関わる必要書類を、指定日までに学生課へ提出しなければなりません。4月の留学生オリエンテーションの時に申請用紙を配布しますので、必ずご出席ください。

 

資料請求

資格取得