国際交流-留学生向け
一時帰国及び再入国

一時帰国及び再入国

2012年7月9日に開始した新しい在留管理制度の導入に伴い、「みなし再入国許可」の制度が導入されました。  

これは、有効なパスポートおよび在留カードを所持する外国人の方が出国する際、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなくなります。また、みなし再入国許可による再出入国時の手数料は不要です。  

本制度での出国を希望する場合は、出国時に配布される「再入国出国記録(再入国用EDカード)」の「みなし再入国許可の意思表示欄」にチェックすることで、再入国ができるようになります。  

なお、みなし再入国許可により出国した方は、その有効期間を海外で延長することはできません。また、出国後1年以内に再入国しないと、在留資格が失われますのでご注意ください。  

もし1年の期間を超えて出国する予定がある場合は、これまでどおり再入国許可を受けて出国する必要があります。その際の手数料は、これまで同様、3,000円が必要です。また、再入国許可の有効期限は、上限が「3年」から「5年」に伸長されます。

 

資料請求

資格取得