学生メッセージFIT Dream Magazine

自分を変えたい!思いきって挑戦したプログラムが私を大きく成長させてくれた

中山 歩美さん

社会環境学科 課外活動女子学生

自分を変えたい!思いきって挑戦したプログラムが私を大きく成長させてくれた FIT力「『人』を伸ばす!福工大」2016年第5回

いろいろな人との出会い、交流、 積極的なチャレンジが私を変えた。

環境について学んでみたい! そんな思いで入った大学生活が、 アドバンスト・プログラムや 学外プロジェクトでの活動で 大きな広がりをみせたという中山さん。 一体どんな体験をしたのか聞いてみました。

Profile

社会環境学部 社会環境学科2年
中山 歩美さん(福岡県立香椎高校 出身)

高校まではあまり積極的なタイプではなかったという中山さん。大学に入ったら、普通に授業を受けるだけでなく、学外での活動に参加し、積極的な自分に変わりたい!と思っていたそう。実際に学外でのプログラムに参加して自分自身の成長を実感。

インタビュー動画>>

大学ならではの体験をしたくて「アドバンスト・プログラム」に参加

さまざまな連携プログラムなどに参加して、他大学や他学部の人たちの話が聞いてみたかったと話す中山さん。

――福岡工業大学への進学を選んだきっかけは?
中山:はじめは福祉系に興味があって、みんなが幸せに暮らしていける社会とは?ということを考えた時に、私たちをとりまくさまざまな環境をしっかり学んでみたいという思いが芽生えました。
じゃ、そういったことを学べるところはどの大学かと調べて福工大の社会環境学部を知りました。オープンキャンパスにも参加して、学ぶ内容や教職員の親切な対応や学生が元気で明るい雰囲気に魅力を感じて、進学を決めました。

 

――実際に入学してみてどうでしたか?
中山:学科の授業は環境と社会がどう関わっているかを経済・法・人間生活の視点から幅広く学ぶことができるので、おもしろいと感じましたし、充実もしていました。
ただ、大学に入ったら授業以外にも、いろいろなことに挑戦してみたいと思っていたので、何かきっかけを探していたところ、1年の「キャリア形成」という授業で先生が「アドバンスト・プログラム」のことを教えてくださいました。このプログラムに参加した学生は、その後とても成長しているということだったので、ぜひ私も参加してみたい!自分が変われるチャンスかも!と思い、参加させてもらいました。

 

『1つの挑戦が私を変えた!』インタビュー動画

さまざまな活動を通して将来の目標が見えてきた

――「アドバンスト・プログラム ※1」では実際にどういった活動をしましたか?
中山:福工大のほかに東京、新潟、京都の3つの大学の学生が東京に集まり講義を聴き、グループに分かれて出された課題を検討しあい、最後に発表を行います。さらに短期就業体験に参加し、それぞれの大学に戻り報告会を行います。他大学の学生と交流することで、いろいろな刺激をもらえるし、人前で自分たちの考えを発表することで、コミュニケーション力や表現力などが身についたと思える貴重な経験でした。新しいことに挑戦することの大変さや、やりがいを実感できましたし、私にとってはとても大きな出来事だったと思っています。

 

※1 アドバンスト・プログラム
福工大のキャリア教育の一環として行われているプログラム。「他大学学生との交流(合宿)」と「短期就業体験」の2つの体験学習を通じ、自分とは異なる価値観に触れたり、先輩社会人と働くことでコミュニケーション能力を高め、「キャリア形成」の授業で学んだことを深めていく形になっています。

 

――その後も地域連携のプロジェクトに参加されたとか?

中山:はい、"東部地域大学連携 ※2"の取り組みの中で、福岡女子大学、九州産業大学の学生と一緒に福岡市東区のアイランドシティに関するフィールドワークを実施し、私は自然環境を調査するプロジェクトに参加しました。活動中はアイランドシティに生息する鳥や生物たちの環境調査を目的に、地域のNPOが主催する野鳥観察会に参加したり、アイランドシティの住民の皆さんに公園や歩道の使用状況やゴミ処理の現状に関する聞き取り調査などを行い、自然と人が上手に共存していくためにできることについて研究しました。普段の授業で学んでいる社会環境に関する知識が現実の社会とどう結びついているのかを実感できましたし、これまで接する機会がなかったNPOや企業、自治体の方からもお話を伺えて、大変興味深い活動でした。こちらのプロジェクトも最後はアイランドシティの住民の方々に向けて3大学学生による成果発表を行い、好評をいただきました。

 

「プログラムの魅力や参加して感じたことなどを来年参加する学生にどう伝えるか」という課題についてメンバーで意見を出し合い、最終日に発表するための資料を作りました。どうすればわかりやすく伝えられるかなど、アイデアを出し合い工夫しながらの作業はとても楽しかったです。

 

アイランドシティの調査プロジェクトで活動した調査結果は「アイランドシティにおける地域の環境・景観・歴史との調和を探して」という冊子にまとめられました。

※2 東部地域大学連携学生合同プロジェクト
東部地域にある3つの大学が共同して地域の環境問題などを調査・研究し、結果を地域に還元するプロジェクト

 

――今回のさまざまな活動に参加して感じたことは?

中山:大学に入ったら何でも積極的にチャレンジしたいと思っていたことが、1年の間に二つも経験できたことで、自分自身の思い次第で積極的な自分に変わることができるということを実感できました。また、これらに参加したことがきっかけとなり、その後も、附属高校の生徒を対象にした高大連携授業にもサポーターとして参加しないかと大学から声をかけていただき、活動の幅が広がってきています。これからも_さまざまなことに挑戦しながら成長していきたいと思います。

 

中山さんに関連する情報をチェック!

社会環境学科について
社会環境学科オリジナルサイト
東部地域大学連携について

2016年FIT力INDEX

Vol.1 上西 健太さん
自分達で作った小型衛星で 宇宙から星空をライブ中継したい!

Vol.2 中野 萌士さん・津田 英知さん
味覚を操作!? ARでそうめんがラーメンに

Vol.3 後藤 葵さん
2年生で研究に目覚め、 プレゼンアワード受賞へ!

Vol.4 吉村 聡志さん
放送業界への就職をめざして まっしぐら! 内定への2つの秘訣

Vol.6 溝口 健さん
将来はデジタルテクノロジー業界へ!プロとの出会いが未来を動かした!

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求