学生メッセージFIT Dream Magazine

地元九州に根ざしながら生活位欠かせない電気を支える。

西原 俊良さん

情報システム工学科 就職

地元九州に根ざしながら生活に欠かせない電気を支える。 西原 俊良さん 情報工学部 情報システム工学科 2007年卒業[福岡県柳川高校出身] 株式会社九電工 高鍋営業所 勤務

お客様の住まいへ
電気を送るための工事を担当。

私が働いている九電工は、地元九州での就職を模索するなか、単独企業説明会の開催を知って参加した会社です。九州を基盤にした「生活に欠かせない電気」を支える企業であることに加え、新人研修や福利厚生も充実していることに魅力を感じて入社を志望しました。

現 在、宮崎・高鍋営業所に赴任して2年。所属する配電工事部は、電柱を建て、電線を引いてお客様の住居へ電気を送るための作業が業務の柱となりますが、その 中で私は、主に「現場作業員への工事指示・施工管理」「九州電力との工事日程等の打ち合わせ」「お客様との工事に関する交渉」「工事料金の請求処理」など の仕事を担当しています。

工事完了後の感謝の言葉に
大きなやりがいを実感。

振 り返れば大学には様々な地域から学生が集まっていました。学生時代、そういう学生たちとのつながりや交流によって育まれたコミュニケーション能力は社会人 として働くようになった今日、地域の方々とお話をしたりやお客様と交渉したりする際の大きなチカラとなっています。またプログラミングの授業の中で行った フローチャートの勉強も、効率の良い仕事の方法を考えるときに役立っています。

もちろんお客様と工事日程の交渉を行う際にはトラブルも発生します。しかし、工事終了後に「ありがとうございます」とか「助かりました」といった声をいただけたときには、大きなやりがいを感じますね。苦労が多ければ多いほど、より大きな達成感が味わえます。

多くの知識が得られる福工大で
夢や目標を見つけて邁進を。

高 校時代、プログラミングに興味を持ったことをきっかけに福工大の情報システム工学科へ進学。そこで情報工学を学びながら、夢を目指していました。ただ時代 の変化によってそのときの夢は実現しませんでしたが、今こうしてやりがいのある大きな仕事に携わることができました。たとえ迷うことがあっても好奇心や学 習意欲があれば、新しい目標や夢は必ず見つけられるはずです。

ものづくり学習に力を入れている福工大は、まさにそのような環境。本人が望 めばより専門的に、より多くのことを学べます。後輩の皆さんも福工大で自分らしい夢や目標を見つけ、広い視野を持って頑張ってください。私も今から、より 責任ある仕事を任せられるようにオールマイティなエンジニアを目指し努力していきたいと思っています。

センパイにまつわるキーワードチェック!

情報システム工学科

数 学、物理、情報技術を基盤に、知能ロボットや生体システム、ネットワークシステムLSIを学ぶことで、暮らしを支えるロボットやシステムをつくり出し、自 在に動かす技術者を養成。また、国際レベルの技術者教育プログラムで、多様な社会的ニーズに応える技術者を育成します。

モノづくりセンター

ソーラーカーやロボコンなど学生主体の様々なプロジェクトが動いている、福岡工業大学の「モノづくりセンター」。プロジェクトの企画立案から活動実施まで、社会に出て技術者として社会にでて技術者として活躍するための力が身につきます。

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求