学生メッセージFIT Dream Magazine

設計品がイメージ通りに機能!そこから生まれる技術者の喜びと誇り。

小林 真之さん

知能機械工学科 就職

設計品がイメージ通りに機能!そこから生まれる技術者の喜びと誇り。 小林 真之さん 大学院工学研究科 知能機械工学専攻(修士) 2012年卒業[工学部知能機械工学科出身][福岡県立浮羽工業出身] 高周波熱錬株式会社 勤務

オンリーワンの技術力に魅せられた会社で
機械設計と焼入試験に携わっています。

高周波熱錬(ネツレン)は、日本初のIH(Induction Heating=誘導加熱)技術の事業化・工業化に成功した会社で、IHに関するノウハウと高い技術・開発力をベースにオリジナリティーの高い製品を提供しています。
私がネツレンに入社を志望したのは、会社説明会で人事の方が仕事内容を熱く語られていたこと、さらにオンリーワンの技術力に魅せられ、この会社で技術を磨きながら仕事をしたいと思ったことがきっかけです。
もちろん知能機械工学科で学んだ電磁分野の知識や、大学院で研究した超音波の知識を活かせると考えたことも動機になりました。
今は、生産技術センターという部署で機械設計と焼入試験の2つの業務に携わっています。機械設計は文字どおり設計を行う仕事。一方の焼入試験は、お客様からの条件を満たす焼入を行うために、条件出しを行う試験のことです。

考えて、工夫して完成したモノに対する
良い評価が仕事のやりがいにつながっています。

やはり自分の設計したモノが組み上がり、うまくお客様のご要望や条件を満たすことができたときには仕事の充実感と達成感を得られますね。
仕 事の進め方としては、たとえばある部署の方から「この部分が冷却不良だから、冷却できるように改造を」と依頼が来た場合は、「どうすれば効率的に冷却でき るのか」を考えたり、あるいは上司に相談したりして構想を練り上げながら設計図(組立図)を描いていきます。また、今ある機構を活かしつつ改造する作業な ので、現状の機械と干渉しないかを考えながら設計を進めます。
その後は、設計図を上司に提出して意見を頂き、修正を加えながら設計図を完成させ、 品物を発注。品物の到着後は、自分の手で設計図通りに組立てて試験を実施してもらいますが、「依頼の通りに冷却できた」と言う言葉を耳にした時は、最高の 気分ですね。自分の考えを反映させられるこの仕事のやりがいを感じる瞬間です。

培った設計能力と時間管理能力をもとに、
忍耐力も活かして仕事に取り組む。

学部生時代に身につけたのは「設計するチカラ」です。
知能機械工学科では1~4年生まで設計の授業が行われますが、スクリュージャッキ設計の授業によって、強度計算→製図→CADという段取りで行う機械設計の基礎力を修得できました。
また、自分自身の人生を設計するチカラも身についたと思っています。進路設計の授業では、自分の3年後や10年後を考えてどのような行動をすれば思い描く姿になれるかを考えることができました。
さ らに大学院では、タイムスケジュールを考える能力を獲得できました。今でも業務においては常に「この仕事はこれくらいで終わるから、次はこれに取り組も う」と先を考えながら行動しています。これに加え、研究に取り組んだことで身についた忍耐力も仕事に活かしています。ここ一番の時、夜遅くまで作業する際 にもやる気が失せることはありません。

センパイにまつわるキーワードチェック!

知能機械工学科

機械の基礎を学びつつ、ロボットや自動車などハイテクメカもつくり出せる実践的な機械設計技術を学習。創造力・技術力・表現力を身に付けた機械エンジニアのスペシャリストを育成するため、各種資格取得も支援しています。

大学院

大 学院は、学部で修得した知識や技術を系統的・総合的に深める教育・研究機関です。工学研究科では科学技術の創造と発展、国際化・ 情報化社会に積極的に貢献できる専門技術者、研究者、高度技術者を育成するために、工学研究科修士課程(7 専攻)及び博士後期課 程(2 専攻)を設置しています。

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求