学生メッセージFIT Dream Magazine

授業は先生との真剣勝負だ!

村上浩太郎さん

知能機械工学科 授業

授業は先生との真剣勝負だ!苦労した分、本物の力が身に付く 西日本新聞とWebとの連動企画「FIT力=力を伸ばす教育力」2014年第4回

知能機械工学科の『知能機械設計II』は、一人ひとりが異なる仕様の機械を実際に設計していくという実践的な授業。自分だけに与えられた課題と真剣に向き合うことで、どんな力が身につくのか。知能機械工学科3年の村上浩太郎さん(福岡西陵高校出身)に話を聞きました。

「将来は機械だけでなく、電子情報などについても学び、活躍の場を広げていきたい」と村上さん。大学生活でもまだまだいろいろなことに挑戦したいと語ります。


大学では機械のことを学びたかったので知能機械工学科への進学を決めたという村上さん。もともと文系より理系が得意だったこともあり自然とこの道を選んだ。
3年生に入り応用版の製図に取りかかっているものの、なかなか難しいとのこと。 製図の時は特に集中して作業を行っています。
一般的なスクリュージャッキ。この完成品のサイズが学生によってそれぞれ異なる。

自分で考え、やり遂げる力が身につく

――『知能機械設計I・II』はどんな授業?

村上:2年生の時は、ねじや歯車などの機械要素や、ブレーキ、クラッチ、ジャッキといった単純なシステムに関する設計法などを学びます。その後、3年生になると一人ひとりに異なった仕様の課題が与えられ、それぞれの仕様に沿ったスクリュージャッキを設計するんです。
最初はねじ関連の部品だけなので簡単なのですが、次に自動車のステアリングギヤなどにも採用されているウォームギア関連部品の設計になるとだんだん難しくなり、設計図を4~5枚書いた頃に1台のスクリュージャッキの設計が完成します。

※スクリュージャッキとは
重いものを持ち上げるなど、ねじを使って大きな力でものを移動させる装置

――おもしろかった点や苦労した点は?

村 上:締め切りまでに正確な設計計算書と図面を仕上げる必要があるので、授業以外の時間も必死で取り組んでいます。毎日書いていないと到底間に合わないんで す。もう少しで完成という時に最初の方で間違っていることに気づいて全部書き直し……ということもあるし、ミリ単位の細かい作業なので集中力がいるしで、 いつも苦労しています。また一人ひとり仕様が違うので友だちの真似はできません。自ら考えて動くことが必要になりますから、みんな自分との闘いです。締め 切り前になると自習室が知能機械工学科の学生でいっぱいになっていますよ。この授業は「本当に大変」なのですが、その分、完成したときの達成感は大きいで すね(笑)。

一人ひとりを丁寧に見てくれるから成長できる

――この授業の魅力は?

村 上:段階的に設計図を書いていくので理解が深まることです。また、先生が一人ひとりをしっかり指導してくれるのもうれしいですね。1枚の設計図ができるま で、最低でも1回、人によっては3~4回先生に見てもらうのですが、一人ひとりの課題が異なる仕様であるにも関わらず、いつでも根気よく質問に答えてくれ たり、丁寧なアドバイスをくれたりします。これが年に4~5回続くのですから先生も大変だと思います。
先生は優しく接してくださいますが、設計図のチェックは厳しいので、勉強になりますよ。

――どんな力が身につきましたか?

村 上:設計図を書く力はもちろんですが、締め切りに間に合うように自分で計画を立て、効率的に物事を進めていく力が身につきました。これまで宿題は最後まで 残してしまうタイプだったのですが、最近はこの授業のおかげで何事も計画的に進められるようになったんです。周りがギリギリまで四苦八苦しているのに自分 は終わってる、という優越感を楽しめる余裕もできました。
また、スクリュージャッキの設計を学ぶことによって、機械システムの基礎が身に付きました。将来、設計職を目指すのであれば、非常に重要な授業です。計算式は違いますが、いろいろなものに応用できると思います。

スクリュージャッキを構成する部品。こうした部品の一つひとつまで計算して製図していきます。
製図についてはそれぞれ仕様が学生毎に異なるため、仲間内で相談はしますが最後は先生からのアドバイス・チェックを頂きます。

「授業は先生との真剣勝負だ!苦労した分、本物の力が身に付く」インタビュー動画
 

 

サポートボイス
 

しっかり身につけて欲しいから、厳しくも丁寧に指導します

工学部 知能機械工学科 阿比留久徳教授
『知能機械設計I・II』では、並行して学んでいる機械系の基礎力学を応用して機械要素の設計法を学び、その後、実際の機械(スクリュージャッキ)を1年間かけて設計していきます。
一人ひとり異なった仕様のものを設計するので苦労も多いと思いますが、デザイン力はもちろん、自分で計画を立て継続して仕事を進める力など、卒業後に役立つ能力を磨くことができるのが特長です。

 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。

学生メッセージ

在校生メッセージ

卒業生メッセージ

FIT力 磨け!自分”力”

GirlsStudio

資料請求