教育施設
音とモノづくりの歴史資料館

歴史資料館は、過去一世紀にわたる“音と映像”にかかわるモノを地球規模で収集して歴史的、学術的に展示する施設です。音響機器、映像機器、時計、真空管など多種多様な850点。すべての展示品が今も現役です。技術者を育成する本学のモノづくりに対する深い思いを展示物に託しています。
これを観る人、技術者を志す人達だけではなく、入館したすべての方々がそれぞれの人生で、工夫することの楽しさを覚え、勇気と励ましを得られることを願っています。高等教育機関として日本の明日を切り開く若人、子供たちへの熱いメッセージとなるものと確信し公開するものです。

開館日時

土日祝日、夏期・冬期一斉休業期間を除く平日の10時から16時まで。
ただし、学園行事日には開館します。

※見学をご希望の方は、事前にモノづくりセンター(092-606-7042)までご連絡ください。なお、事前のご連絡がない場合はご希望に添えない場合がありますのでご承知おきください。
※ご取材につきましては広報課(092-606-0607)までご連絡ください。

100年間のモノづくりの世界史現役の"機器"で見聞きできます

入館した老若男女すべての方々がそれぞれの人生で、出会い、所有したことがある機器の見学を通じて、先人のモノづくりの心を学び、工夫することの楽しさを覚え、勇気と励ましを得られる施設です。

 

資料請求

バーチャルキャンパス

交通アクセス